ACCOMPANY!

ファシリテーターズ・オフィス「サードバリュー・ブルワリー」マイスターの徳田太郎が運営するblogです。
今年最初のBe-Nature


今日は、Be-Nature Schoolのファシリテーション講座「入門セミナー」のために東京へ。
分野を越えて「参加型の場づくりの技法」を学ぶ、Be-Nature Schoolのファシリテーション講座。「入門セミナー」は、レクチャーとミニワークでファシリテーションを気軽に学ぶ、2時間半のプログラムです。
私が「入門セミナー」を担当するのは、これで3回め。短時間のプログラムながら、毎回あたらしい発見がある、とても奥の深いデザインとなっています。
今回は、Be-Nature Schoolの代表、マーロンこと森雅浩さんとペアで講師兼ファシリテーターを担当し、8名の受講生と、楽しい時間を過ごしました。
私が次にBe-Nature Schoolのファシリテーション講座を担当するのは、2月2日(土)の「集中コース」です。
こちらは、体験を通じてしっかり学ぶことができる人気のプログラム。ちびまりこと鈴木まり子さんとペアで、講師兼ファシリテーターを務めます。ぜひご一緒しましょう!
| thirdvalue | 日記 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ゆるゆるとエネルギー講座



つくば市民大学で2011年秋に始まった連続講座、「ともに学び考えよう 持続可能なエネルギーの未来」。今日から第7シリーズが始まりました。
これまで、「みんなのエネルギー・環境会議」「原子力発電」「少エネルギー」「自然エネルギー」などなど、さまざまな切り口から「持続可能なエネルギーの未来」について考える対話の場を設けてきましたが、第7シリーズは、3月30日(土)に予定されている「つくば市民大学学園祭」でのイベントの「企画会議」という形での開催です。
今日は初回ということもあり、ひたすらアイデアの発散に終始しました。これからどんな企画が生まれ育つのか、ワクワクドキドキです。
次回は1月23日(水)19:00〜21:00の開催です。お気軽に足をお運びください!
| thirdvalue | 日記 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
路上の豊かな使いかた




昨年、土浦市で開催していた連続ワークショップ(1月5日にご紹介したものとは別のワークショップです)。全6回のプログラムが終了した後も、参加者の有志が任意団体をつくり、まちの中で「人と人とがつながる力」を育むために、自主的な活動を続けています。
今日は、そのグループの月に一度の定例会。私も、3月の「ひなまつりイベント」に向けての話しあいや会場の下見、助成金の申請に向けての話しあいに参加させていただきました。
まちの中で「人と人とがつながる力」を考えるときに、私が思い出すのは、昨年の秋に訪れた、ベトナム・ハノイとラオス・ルアンパバーンの光景です。
どちらも、「路上」がとても豊かに使われているのですよね。
たとえばルアンパバーンでは、同じ道が、朝は托鉢の場に、そして市場に、食堂に、土産物の夜市にと、一日の間でめまぐるしく変わっていきます。
そして、上の写真はハノイのまちなかですが、驚くほどの交通量(車、バイク、シクロ、自転車、歩行者…)の中、道の真ん中のちょっとしたスペースに露天商が店をひろげ、歩道では大勢の人が小さな椅子に腰かけて会話と食事を楽しんでいます。
道路を、単なる移動の空間、何かの「過程」としか捉えないのは、とっても貧しいことなのではないかと、痛感させられました。
まちのにぎわい、そして人と人とのつながりのカギは、「路上」にあり。今年、もう少し深めてみたいテーマの一つです。
| thirdvalue | 日記 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
いばらき未来基金フェスタで…



今日は、茨城NPOセンター・コモンズの運営委員会。今年度も残すところあと3ヵ月、それぞれの部門の目標達成に向けた動きを再確認するとともに、次年度の方向性を考えました。
コモンズ関連の、直近の大きな動きとしては、なんといっても1月20日(日)の「いばらき未来基金フェスタ」
残念ながら私は参加できないのですが、なんとこの日、この会場で、1月4日にご紹介したブックレット『ファシリテーションが会議・組織・社会を変える』が販売開始となります!
頒価は800円(税込)ですが、そのうち300円が、いばらき未来基金への寄付金となりますので、ぜひ会場でお求めくださいませ。ご来場、お待ちしております!
| thirdvalue | 日記 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
対話ファシリテーター育成講座、始動!


昨年から「つくば市民大学」で継続的に開催している「対話ファシリテーター育成講座」
今年からは、「入門編」と「基礎編」に分かれての開講となりますが、今日はその1回めでした。
午前中は「入門編」。第1回のテーマは「場をファシリテートするということ」です。
「ファシリテーション」とは何か、「対話」とは何かを整理した上で、ファシリテーターとしての基本的な心構えとして、「『かかわり』に働きかける=相互作用を支援・促進する」とはどういうことか? という点を中心に、体験とふりかえりを通じて学びました。
午後は、「入門編」の全3回を受講された方が対象の「基礎編」。
まずはそれぞれ、「今日は何を学びたいか?」を挙げていきました。みなさんから挙げられたのは…
・対話の進行の仕方
・「声なき声をすくい上げる」働きかけ
・プロセスを俯瞰して観る力
・視覚化・可視化の技術

という4つ。
次に、「どのようなテーマで対話するか?」を決めました。その結果、平田オリザさんの『わかりあえないことから―コミュニケーション能力とは何か―』の帯に書かれていた
「近頃の若者に『コミュニケーション能力がない』というのは本当なのか?」
をテーマに対話することに。
最初に挙げた「学びたいこと」を意識しつつ、ファシリテーターを交替しながら、「20分の対話+20分のふりかえり」を3セット繰り返しました。
こちらは、私も「対話の参加者」として輪の中に入りましたが、いろいろと発見があって面白いですね。
次回の「対話ファシリテーター育成講座」は、1月27日(日)の開講です。単発の受講も可能ですので、ぜひ、お気軽にご参加くださいませ!
| thirdvalue | 日記 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
歩いて5分の居場所づくり


今日は、昨年から継続している土浦市での連続ワークショップの10回めでした。
ワークショップのメンバーが取り組んでいるのは、『歩いて5分の居場所づくりモデル事業』。
市内各所に、誰もが歩いて5分で、気軽に、一人でも、いつでも、自由に、ふらっと通える「相談もできる居場所」をつくることを通じて、地域内で互いに支えあえる土壌を育むことを目的に、まずはモデルとして、まず1箇所の「居場所」を設置し、運営を試行するというものです。
この時に、地域課題の一つとなっている「空き家問題」も考慮して、空き家を活用するというのが一つの特徴。ただ、「空き家の有効活用」と口で言うのは簡単ですが、実際にはさまざまなハードルがあり、なかなか苦戦を強いられているところです。
ともあれ、1月26日(土)の「みんなで協働のまちづくりシンポジウム」での事例発表に向けて、着々と準備を進めています。
昨年までは、私がファシリテーターを務めていたのですが、年が明けてからは、メンバーが持ち回りで進行役・板書役を担当することに。とってもいい雰囲気で話しあいが進み、いいワークショップになりました!
「みんなで協働のまちづくりシンポジウム」は、申込み不要でどなたでも参加できますので、ぜひ遊びにいらしてくださいね。
| thirdvalue | 日記 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ブックレット第3弾、まもなく完成!


「年末年始に、絶対やることリスト」に入っていた最大の仕事を、2日・3日の両日をまるまる費やし、何とか成し遂げることができました!
それは…ブックレット第3弾の原稿を書き上げること。
これまで、『NPOの会議、こうすればうまくいく』『「かかわり」のファシリテーション』と、2冊のブックレットを出版してきましたが、おかげさまでいずれも在庫切れになっており、「その2冊を合冊・再構成した新版を出す」と言い続けて、1年近くが経過してしまっていたのでした。
このたび、ようやく脱稿し、印刷屋さんにお渡しするところまでこぎ着けました。何とか、今月中には出版できそうです。ふぅ。
タイトルは『ファシリテーションが会議・組織・社会を変える』
完成しましたら、またご紹介させていただきますが、まずは一足先に、書き終えたばかりの「おわりに」の文章をお届けします!


続きを読む >>
| thirdvalue | 日記 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2012年に読んだ本ベスト12
毎週水曜日20:00〜20:30にオンエアの「ウニベルラジオ」、昨日が本年第1回の放送でした。
「今週の一冊」では、2012年に読んだ本のベスト12をご紹介しましたが、あらためてそれらの本をこのブログに掲載したいと思います。
なお、「順位」はつけておりませんので、「紹介順」での掲載となります。

■1月25日紹介
 パウロ・フレイレ(著)『被抑圧者の教育学』

 対話をベースにした講座を展開するつくば市民大学のバイブル。

■3月14日紹介
 グリーンズ(編)『ソーシャルデザイン―社会をつくるグッドアイデア集―』

 3月31日の学園祭にはフクヘンの小野さんにお越しいただきました!

■4月11日紹介
 鷲田清一(著)『語りきれないこと―危機と傷みの哲学―』

 鷲田さんの本はたくさん読みましたが、まずはこの一冊を。

■5月2日紹介
 野村恭彦(著)『フューチャーセンターをつくろう―対話をイノベーションにつなげる仕組み―』

 10月にはつくば市民大学でもフューチャーセッションを実現!

■6月27日紹介
 開沼博(著)『「フクシマ」論―原子力ムラはなぜ生まれたのか―』

 「ともに学び考えよう 持続可能なエネルギーの未来」講座で読了。

■7月11日紹介
 安冨歩(著)『生きる技法』

 たまたま書店で手に取った本でしたが、印象に残った読書体験でした。

■7月25日紹介
 辺見庸(著)『瓦礫の中から言葉を―わたしの<死者>へ―』

 この本を通して出逢った『石原吉郎詩文集』も忘れがたい一冊です。

■9月12日紹介
 小熊英二(著)『社会を変えるには』

 新書とは思えないボリューム。札幌で購入し、出張中に読了しました。

■9月19日紹介
 湯浅誠(著)『ヒーローを待っていても世界は変わらない』

 社会をつくるのは私たち一人ひとり。何度も読み直したい一冊。

■10月24日紹介
 山崎亮(著)『コミュニティ・デザインの時代―自分たちで「まち」をつくる―』

 出張先の福岡で購入。まちづくりに携わる人には必読でしょう。

■11月21日紹介
 平田オリザ(著)『わかりあえないことから―コミュニケーション能力とは何か―』

 あらためて「対話」の作法を学ぶことの重要性を痛感させられます。

■12月26日紹介
 協働→参加のまちづくり市民研究会(編)『私のだいじな場所―公共施設の市民運営を考える―』
 
 つくば市民大学も、みんなの「私のだいじな場所」になりますように。

※「ウニベルラジオ」は、つくばのコミュニティFM「ラヂオつくば」(FM84.2)の他、インターネットのサイマルラジオで、同日同時刻であれば、世界中どこからでもお聴きいただけます(関東→ラヂオつくば→放送を聴く)。また、iPhoneやiPadでは「Radio JP」、Android端末では「Tune In」というアプリをダウンロードすれば、同様にお聴きいただくことが可能です。毎週水曜日20:00〜20:30(再放送は木曜日13:30〜14:00)です。ぜひお楽しみください!
| thirdvalue | 日記 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
年賀状の写真に込めた想い




上の写真は、今年の年賀状に用いたものです。
昨年の秋に訪れた、ラオスのバーンサンコン村で出逢った、糸を紡ぐ少女の姿です。

昨今、「強いリーダーシップ」を待望する声が大きくなっているような気がします。
それに乗じて、力を掌握したいだけ、あるいは力を誇示したいだけの人が(誤った)リーダーシップを振りかざすのはやっかいですが、本当にやっかいなのは、その力にすがりたい、ゆだねたいと思ってしまう心、そして「おかしい」「あぶない」と思いながらも声を上げずにいてしまう私たちの心でしょう。
強いリーダーシップを求めたり、頼ったりするのではなく、たとえば、弱いこと、小さいこと、遅いこと、さまざまであること、わかりにくいことに耐える、ほんとうの「ちから」を育むこと、一つの力にのみこまれないように、たくさんの「ちから」を育むこと、それこそが、私たち自身の、真の「リーダーシップ」ではないでしょうか。

人々がともに集いあい、問いあい、語りあい、聴きあい、学びあうことで、響きあう関係が醸され、新しい価値が紡がれる。異なりから豊かさがうまれ、希望と知恵が育まれる。そのような場と機会をつくり出すことこそが、ファシリテーターの使命であるといえるでしょう。
画一性ではなく多様性、「誰か」ではなく「私たち」という主体性と自律性、「ために」ではなく「ともに」というあり方、小さな声を尊重する民主的精神、第三項を排除しない寛容な姿勢、そういったものを育むことこそが、ファシリテーターの使命であるといえるでしょう。

そんなことを考えながら、この写真を選んでみました。
| thirdvalue | 日記 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あけましておめでとうございます



あけましておめでとうございます。
元日は、宝篋山(茨城県つくば市・標高461m)の宝篋印塔にお参り。
2009年から恒例となり、今年で5年めとなりました。
この日を健康のうちに迎えられたことを感謝しつつ、お雑煮をいただきました。
今年も、響きあう関係が醸される場、新しい価値が紡がれる場をつくり、育みます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
| thirdvalue | 日記 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ PROFILE
+ LINKS
NOW ON SALE!

ファシリテーションが会議・組織・社会を変える


+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode