ACCOMPANY!

ファシリテーターズ・オフィス「サードバリュー・ブルワリー」マイスターの徳田太郎が運営するblogです。
<< 高熱でダウン… | main | 多様性に気づく、多様性を築く >>
ブックレット第2弾が完成しました!
2008年3月に出版した『NPOの会議、こうすればうまくいく』。おかげさまで2009年9月に第2刷を迎え、現在もコンスタントにお買いあげいただいております。ありがとうございます!
そしてこのたび、ブックレット第2弾となる『「かかわり」のファシリテーション〜世界をつくり・かえる技術(アート)〜』が完成いたしました!

複数の人が集まる「場」において、集まった人々の「思い」や「考え」が響きあう状態を期してさまざまな働きかけを行い、個人や集団の思考や行動、関係性の変化を醸しだす技術である「ファシリテーション」について、さまざまな角度から考察しました。前著『NPOの会議、こうすればうまくいく』は、具体的な「ふるまいかた」が中心ですが、『「かかわり」のファシリテーション』は、ベースとなる「かんがえかた」に力点を置いています。
目次は、以下の通りです。

-「ファシリテーション」って、なんだろう?
-「他者」とのかかわり 〜話しあいのファシリテーション〜
-「組織」とのかかわり 〜リーダーシップという名のファシリテーション〜
-「社会」とのかかわり 〜ソーシャル・ファシリテーターという生き方〜
-「自然」とのかかわり 〜どのように世界と接するか〜
- そして、「自身」と向きあう 〜あとがきにかえて〜

A5サイズで64ページ、税込みで500円となっております(別途送料80円が加算されます)。お求めは茨城NPOセンター・コモンズまで、希望冊数、お届け先の郵便番号・住所・氏名・電話番号をお知らせください。

「続きを読む」をクリックすると、「はじめに」を立ち読みできます。
はじめに

 「ファシリテーション」という語に接するたびに、まるで自分が呼びかけられたように反応する――。そんな日々を過ごすようになって、はやくも六年が経過しました。今では、年間百二十日以上をファシリテーションのセミナーやワークショップに費やし、残りの日々の大半も、NPO運営などの場でファシリテーションを実践しています(もちろん、功を奏しているかどうかは別として、の話ですが……)。
 そのような毎日を過ごす中で実感するのは、年を重ねるごとに、ピクリと反応する機会が確実に増えているということです。書店の棚の前で、新聞や雑誌の記事の中で、あるいは会話の中で……。もちろん「人口に膾炙する」というレベルに達したわけではありませんが、それでも、もはやファシリテーションは、決して一部の専門家(好事家?)だけが弄する語ではなくなっているといえるでしょう。
 しかし、ファシリテーションに親しめば親しむほど、実は「ファシリテーション」が分からなくなっているのです……と切り出せば、「ファシリテーションについて知りたい!」と思ってこのブックレットを手にされたであろう皆さんは、驚き、あきれてしまうかもしれませんね。しかし、事実なのだから仕方ありません。ファシリテーションを人に伝えようとすると、とたんに言葉はよどみ、もどかしさで一杯になるのです。
 哲学者のウィトゲンシュタインは、その書に「語り得ないことについては、沈黙しなければならない」と記しました。そうであるならば、私はこの「はじめに」だけで筆を措くべきなのかもしれません。
 しかし、ウィトゲンシュタインは、こうも語っています。
 「発せられた問いは、それが問いである限りにおいて、答えることができるものである」
 そうであるならば、ここで改めて、大胆な問いを発してみたいと思います。

 ファシリテーションとは、いったい何だろうか?
 ファシリテーションは、私たちにとって、どのような価値を持つのだろうか?

 このブックレットは、二六時中ファシリテーションについて考えている一人の人間が、この「大きな問い」にとりあえずの答えを見いだすまでの――そして、ついにはサブタイトルに「世界をつくり・かえる技術(アート)」などと記すことを決意するに至るまでの――プロセスを綴ったものです。遅々とした、そしてよそ見や道草だらけの歩みの旅となりますが、ともに楽しんでいただければ幸いです。
| thirdvalue | - | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
徳田さま
Web拝見しました。
その中で以下の部分の「ボタン」がありませんが??

「続きを読む」をクリックすると、「はじめに」を立ち読みできます。

「かかわり」ありがとうございました。
未だ、熟読していませんが
おおいに参考になりそうな内容です。
| 方喰英幸 | 2010/05/26 8:17 AM |
方喰英幸さま
いつもお世話になります!
「続きを読む」ボタンは、トップページ
http://blog.thirdvalue.com/
から入ると、出てきます。最初から当該ページ
http://blog.thirdvalue.com/?eid=1179981
から入ると、すでに「続き」が表示されているんですよね。
ご了承くださいませ。
それでは、よろしくお願いいたします!
| 徳田太郎 | 2010/05/26 8:54 AM |









http://blog.thirdvalue.com/trackback/1179981
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ PROFILE
+ LINKS
NOW ON SALE!

ファシリテーションが会議・組織・社会を変える


+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode